モアサナイトに欠点はある?購入するときに注意すること – GYPPHY

モアサナイトに欠点はある?購入するときに注意すること

輝きが人気のモアサナイトは価格もリーズナブルで、カジュアルな場面でも使いやすい宝石です。モアサナイトの欠点や購入時に気をつけることを確認し、安心して購入してください。本記事では、4Cなどモアサナイトの購入時に注意すべきことを紹介します。

アメリカで人気のモアサナイトは、SNSの影響もあり、日本でも少しずつ話題になってきています。ダイヤモンドに似た輝きと、購入しやすい価格帯が魅力ですが、モアサナイトにも欠点はあります。 今回はモアサナイトの欠点や、購入するときに注意すべきことなどを解説します。モアサナイトを正しく選んで、心からおしゃれを楽しみましょう。 

モアサナイトに欠点はある?

モアサナイトは人工の宝石です。天然石にこだわりたい方にとっては、人工石であること自体が欠点といえるでしょう。 また、日本ではまだそれほど知名度が高くないので、取り扱っている店舗も多くはありません。選べるデザインが限られてしまいがちな点も欠点のひとつです。

モアサナイトは魅力のほうが多い

モアサナイトは、人工石であることやデザインの少なさという欠点がありますが、魅力のほうが多いです。天然石にこだわりがなければ、ぜひチェックしておきたい宝石といえるでしょう。 同じサイズの石であれば、※ダイヤモンドよりも2倍以上の輝きがありながら、価格はダイヤモンドと比較するとお手頃です。大きく輝きが広がるので、小さな石でも存在感があります。価格も抑えられており、大きな石も比較的リーズナブルな価格です。

※あくまでも素材の特性上、光を分散する力が2倍以上ということもあり、そのように言われております。

 

モアサナイトの購入でこれだけは注意すること

ここでは、モアサナイトの購入時に注意すべき点を2つ紹介します。購入前に、ぜひチェックしてください。 

1. 4Cを確認する

ダイヤモンドと同様、モアサナイトにも「4C」があります。 4Cとは以下の4つです。 ● 重量を表すカラット ● 輝きを表すカット ● 色を表すカラー ● 透明度を表すクラリティ ダイヤモンドが4Cのランクによって価格が変わるということは有名ですが、実はモアサナイトには4Cの鑑定書というのは存在しません(中国でGRAというモアサナイトを鑑定している組織があるものの、その内情などははっきりとされていません)。販売するブランドが4Cを設定して価格を決める場合や、メーカーによって独自に4Cが決められる場合があります。ただ鑑定書はなくとも、4Cのランクによって価格が変動することは確かです。つまりダイヤモンドと同様に、質の良いものほど高価になります。

2. 宝石の管理システムをチェックする

販売しているモアサナイトが本物かどうかは、店舗への出荷前にテスターでチェックされているかどうかで見極めることができます。 ブランドによっては仕入れ・製造の管理システムが一貫されておらず、別の宝石やジュエリーと混ざってしまう場合があります。購入前に店舗やブランドのホームページなどを見て、テスターでしっかりチェックされているかどうかを確認しておきましょう。 

モアサナイトの質を見極めて購入しましょう

モアサナイトは4Cや管理システムに注意して購入しましょう。モアサナイトには天然石ではない、デザインが少ないといった欠点はあります。しかし、リーズナブルな価格で、かつダイヤモンドと見分けがつかないほど美しい輝きをもつ魅力的な石です。 質を見極めて購入し、ぜひモアサナイトの美しさを実感してください。

カート

送料は無料です。 Spend ¥0 more for free shipping.

これ以上購入できる製品はありません

カートは空です

x