モアサナイトって?

GYPPHYのジュエリーの特徴ともいえる宝石《モアサナイト》。

日本ではまだ馴染みのないモアサナイトですが、じわじわと人気が広まっています。

これを読んだらきっとモアサナイトを好きになるはず。モアサナイトの魅力をお届けします。

 

モアサナイトは《伝説の石》!?

モアサナイト

モアサナイトは今、欧米でファストファッションからブライダルまで爆発的な人気があり、ダイヤモンドより高品質なジュエリーとして人気を集めている、大注目の宝石。

1893年にフランスの科学者であったモアサンがアメリカのアリゾナ州北部に激突した隕石から発見したのがモアサナイトの始まりです。

徹底的な調査の結果その物質は炭化ケイ素(SiC)であり、ダイヤモンドと同じ炭素(C)を含んでいることがわかりました。

天然のものは実は隕石にしか含まれておらず、地球上において産出されることが非常に稀なため、「伝説の宝石」と言っても過言ではないくらいロマンのある宝石です。

あまりにも美しいため、合成モアサナイトの研究が進められ、最終的に1998年に合成モアサナイトが世界に紹介されました。

当時は技術的に製造は簡単ではなく非常に高価なものでしたが、現在では技術が進み、価格も安価になりました。

 

モアサナイトの性質

ダイヤモンドとモアサナイトは構造がとても似ており、判別機でも間違えてしまうくらい見た目がそっくり。

モアサナイトは、地球上でもっとも硬い宝石であるダイヤモンドと硬度はほぼ同じくらいなので、衝撃に強く割れにくいのもポイント。

そして、モアサナイトの最大の魅力は、「輝きがダイヤモンドの約2.5倍」ということ。虹色に輝くのがモアサナイトの特徴です。

また、ダイヤモンドに比べて油に強く曇りにくいので、日常使いしやすいともいわれています。

 

価格の安さ

モアサナイトは人工の宝石なので、天然石に比べて安いということも大きなメリット。各ブランド平均で、ダイヤモンドの約1/10の価格で提供しています。

結婚指輪などのブライダルジュエリーで、ダイヤモンドの代替品として選ばれている方もいます。

 

品質に関して

ダイヤモンドには、品質を証明するための鑑定書というものがあり、4つの基準(カラット(重さ)、クラリティ(透明度)、カラー(色)、カット(プロポーション&フィニッシュ))で品質が評価されます。

鑑定書は、世界で認められている鑑定機関のGIAなどが発行しています。

現在、モアサナイトはこういった鑑定書は存在しないので、4Cは各企業の基準で決めていることが多いそうです。

しかし今、中国で“GRA”というモアサナイトの偽の鑑定機関が存在しているとのこと。「品質が全く違うものなのに、鑑定書の内容が全く同じだった」という問題も発生しています。