The History of Moissanite.

1893年にフランスの科学者であったモアサンがアメリカのアリゾナ州北部に激突した隕石から発見したのがモアサナイトの始まりです。

徹底的な調査の結果その物質は炭化ケイ素(SiC)であり、ダイヤモンドと同じ炭素(C)を含んでいることがわかりました。このように、天然として存在するモアサナイトは非常に希少なものでした。そのため、合成モアサナイトの研究が進められ、最終的に1998年に合成モアサナイトが世界に紹介されました。当時は技術的に製造は簡単ではなく非常に高価なものでしたが、現在では技術が進み、価格も安価になりました。

隕石が運んできた奇跡の宝石、宇宙からの贈り物として、ここ数年でアメリカなどではファストファッションからブライダルまで爆発的な人気となり、全く新しい唯一無二のジュエリーとして人気を集めています。

What is Moissanite ?

モアサナイトの特徴は何といっても輝きとその耐久性です。光の屈折率の高さからダイヤモンドよりも2.5倍輝くとも言われ、虹色に光るのが特徴です。さらに硬度はダイヤモンドの次に硬い9.25以上を誇り耐久性にも優れております。

モアサナイトにはダイヤモンドと同じ炭素が含まれている為、専用の判別機を使用しないとダイヤモンドとの区別が難しいとされており、類似した宝石とも言われますが、モアサナイトはダイヤモンドとは全く違う、新しい唯一無二のジュエリーです。


モアサナイトが人気の理由

輝き

モアサナイトは光を強く分散する特性があり、その量はダイヤモンドの約2.5倍もあるため、よく”ダイヤモンドよりも2.5倍輝く宝石”なんて言われることもあります。またモアサナイトの光は綺麗な虹色に輝くのも特徴で、それも人気な要因の一つとなっております。

耐久性

モアサナイトは炭化ケイ素(SiC)でできており、その元素構造上、衝撃への耐久性(靭性(じんせい))が非常に強く、ぶつけた時の欠けや割れがおきにくいです。また硬度は、ダイヤモンドに次ぐ硬さを誇り(9.25−9.5(ダイヤモンドは10))、表面への傷が限りなくつきにくい特徴もございます。

さらに油を弾きやすい性質もあり、汚れに強くメンテナンスがしやすさも大きな特徴です。

お値段

合成化に成功し、安定した製造ができるようになったことから品質の高さの割りに日常使いとして楽しめる、優しい価格が人気の大きな理由の一つです。

GYPPHYのモアサナイト

環境に優しいエシカル素材

この業界で問題視されているような児童労働や紛争資源に関わらないことはもちろん、合成宝石を造るには四六時中電気を使用する必要があるのですが、GYPPHYのモアサナイトは半導体企業で使用されるモアサナイトと同じ元素でできた素材を二次利用しているため、モアサナイトを造るためだけに電気エネルギーを大量に使用することはありません。なるべく二酸化炭素を排出しないよう心掛けております。

高品質

GYPPHYのモアサナイトはその素材と同じ元素でできている半導体の材料を二次利用しております。半導体の性質上不純物などが含まれない、高純度な材料を使用することが必須なため、結果として高品質なモアサナイトを入手できております。

信憑性

GYPPHYではモアサナイトの製造企業と直接取引を行っているため、それらのトレースが可能となっております。また出荷前も一点一点検品を行い、モアサナイトであることを確認したものをご提供しております。