モアサナイトとは

モアサナイト,モアッサナイト,エシカルジュエリー
モアサナイトの特徴
モアサナイトの特徴は何といっても輝きです。その輝きはダイヤモンドの約2.5倍であり、光の屈折率や、物質の光沢は、ダイヤモンドよりもはるかに優れております。

唯一ダイヤモンドが勝るのはその硬度(ダイヤモンドのモース硬度は10)ですが、モアサナイトもモース硬度9.25以上を誇り、ダイヤモンドとの差はほとんどありません。

そして、モアサナイトの価格はダイヤモンドと比べて1/5〜1/50以下と、お客様にとって、お求めやすく、
気軽に日常使いに身につけていただける価格でのご提供が可能となっております。
モアサナイトの歴史
1893年にフランスの科学者であったモアサンがアメリカのアリゾナ州北部に激突した隕石から発見したのがモアサナイトの始まりです。

徹底的な調査の結果その物質は炭化ケイ素(SiC)であり、ダイヤモンドと同じ炭素(C)を含んでいることがわかりました。

1905年にTiffany & Co. の宝石鑑定士兼鉱物学者であるジョージ・カンズがモアサンの名誉をたたえその物質をモアサナイトと名付けました。
このように、天然として存在するモアサナイトは非常に少なく、かつ希少なものでした。

そのため、合成モアサナイトの研究が進められ、最終的に1998年に合成モアサナイトが世界に紹介されました。

当時は技術的に製造は簡単ではなく非常に高価なものでしたが、現在では技術が進み、価格も安価になりました。

ここ数年でアメリカなどではファストファッションからブライダルまで爆発的な人気となり、ダイヤモンドより高品質なジュエリーとして人気を集めています。